So-net無料ブログ作成
基礎知識 ブログトップ

ほうれい線対策 [基礎知識]

皮膚の構造


ほうれい線対策を立てるなら、まず皮膚の構造について理解しておきましょう。

皮膚は表皮と真皮によって成り立っています。表皮は肌の表面部分のことで、薄さが0.5ミリ前後。その薄い表皮はさらに四層に分かれ、一番外側の層が角質層、一番下の層が基底層と呼ばれています。

新しい皮膚の細胞は基底層で作られ、順送りに上の層に上がってきて、やがて角質層にたどり着き、最後には剥がれ落ちます。これを定期的に繰り返すことで、表皮は順次新しく入れ替わっています。これを、新陳代謝、ターンオーバーといいます。

一周期は、若く健康な皮膚の人で28日間ですが、年齢を重ねるにつれ長くなります。

同時進行で表情筋も衰えてくる


表皮の下には真皮があり、新陳代謝をコントロールしています。厚みは約2ミリ前後。コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸から構成されています。コラーゲンはひも状のタンパク質で、肌のハリはこのコラーゲンの働きによるものです。

エラスチンはコラーゲンを束ねている繊維で、肌に弾力を持たせる役割を担っています。ヒアルロン酸はゼリー状の成分で、肌の水分をキープするところです。

これら三つの成分は、年齢を重ねるにつれ減ってきます。同時進行で表情筋も衰えてくるので、何の対策も取っていなければ加齢と共に肌からハリや弾力、瑞々しさがなくなっていくことは、ある意味必至の事態なわけです。また、表皮も真皮も、紫外線によるダメージを受けています。

黙っていても目立つ


表皮上にできるしわ中でも、ちりめんじわと呼ばれる浅く細かいしわは、主に乾燥によるものなので、水分をたっぷり補給した後クリームで蓋をし、補った水分が逃げないようにケアすれは回復します。

笑いじわなど表情じわと呼ばれているしわは習慣化するのでもう少しやっかいですが、問題はやはり、黙っていても目立つような深いほうれい線など、真皮にくっきり刻み込まれたしわでしょう。真皮の組織を乱してしまっているので、回復はそう簡単ではありません。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ほうれい線の原因 [基礎知識]

肌のたるみ


ほうれい線がくっきり刻まれる原因の一番目には、「肌のたるみ」が挙げられます。肌がたるむのは、首の筋肉や表情筋が衰えたからだと考えられます。

表情筋とは、顔面の下にある筋肉の総称で、頬から口の辺りの筋肉、目の周りの筋肉、口の周りの筋肉、など細かく分けると、その数は30種類以上になります。その精密に役割分担された筋肉が、目や口などを動かすことで、私達はさまざまな表情を作ることができます。

若いうちは、筋肉の強さが重力に勝り、皮下脂肪を高い位置でキープすることができますが、歳を取るにつれて、頬の筋肉も緩み、重力に抵抗し切れなくなり、頬の辺りの皮下脂肪を高い位置で支えられず、頬が全体的に垂れ下がるというわけです。バストやヒップがだんだん垂れてくるのと同じ現象です。

溝が深くなる


頬の皮下脂肪が垂れ下がると、ちょうど頬の境界線に当たるほうれい線の上に、皮下脂肪が覆いかぶさるように溜まるので、その結果、ほうれい線の溝が深くなるというわけです。

また、ほうれい線は、シワです。シワをより深く刻む主な外的要因は、紫外線と乾燥です。紫外線は、肌の奥まで入り込み、皮膚の組織を傷めるので、シワだけでなくシミの原因でもありますし、皮膚の病気を引き起こす元で、肌にとってはデメリットだらけです。

肌は乾燥していると、埃や紫外線、その他の刺激物質に対して、無防備な状態になります。きちんと保湿していれば薄く目立たないシワで済むものも、乾燥しているとなかなか回復できませんし、ほうれい線のような既存のシワは、乾燥によってさらに深く刻まれていくでしょう。

様々な意見


シワの内的な理由としては、不規則な生活、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙、健やかな肌に必要不可欠なビタミンCやコラーゲンの不足、そして精神的なストレスなどが挙げられます。

他には、体の歪みが肌を含む体の不調の全ての元凶だと考える人もいます。

また、ほうれい線は、顔の骨格によるという意見もあるようです。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ほうれい線の基礎知識 [基礎知識]

「ハ」の字に走るしわ


「ほうれい線とは?」と聞かれた時、すぐに正しく答えられる人より、何のことかピンとこない人の方が多いかも知れません。ほうれい線とは、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線のことをいいます。つまり、鼻を挟んで顔面の真ん中を「ハ」の字に走るしわのことです。

漢字では、「法令線」と書くのが一般的なようですが、「豊齢線」と表記する場合もあります。「法令線」の方は、特に人相学で用いられています。医学用語では、「鼻唇溝(びしんこう)」という名称になります。

黙っていても目立つ


ほうれい線は、中年以上の歳を取った人に現れてくるしわ、と思われがちですが、中年になって突然出現するしわではありません。若い人にはもちろん、赤ちゃんの顔にもあるのです。

若い頃までは、このしわが、浅く、薄く、目立たないけれど、中年になるにつれ、だんだん深く、くっきり刻まれてきて、黙っていても目立つようになる、というわけです。

同じ年齢でも、肌が明るく健やかな人と、しみやしわがあったり、くすんだり、たるんでいる人では、肌の健やかな人の方が、断然若く見えますよね。つまり、どれだけ若く美しく見えるかは、肌の状態で大きく左右されるということです。

特に、ほうれい線が目立っているかどうかは、老け度合いを測るのに最も重要なポイントで、ほうれい線が目立っている人は、そうでない人より、見た目の年齢が、軽く5歳は上がる、と言われています。

実年齢よりも老けて見られることは大変ショック


ある程度の年齢になった女性にとっては、実年齢よりも老けて見られることは大変ショックなことです。ほうれい線は、人相学的に見れば、特に仕事面での吉相と位置づけられているそうですが、いつまでも若々しく、美しくありたいと願う女性にとっては、落ち込んでしまうほどの悩みの種です。

人は平等に歳を取りますが、努力次第で、若々しく、美しくいられるのもまた事実です。ほうれい線が目立ってくる原因を理解し、予防、対策をし、日頃から正しくケアしていきましょう。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
基礎知識 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。