So-net無料ブログ作成
検索選択

ほうれい線対策 [基礎知識]

皮膚の構造


ほうれい線対策を立てるなら、まず皮膚の構造について理解しておきましょう。

皮膚は表皮と真皮によって成り立っています。表皮は肌の表面部分のことで、薄さが0.5ミリ前後。その薄い表皮はさらに四層に分かれ、一番外側の層が角質層、一番下の層が基底層と呼ばれています。

新しい皮膚の細胞は基底層で作られ、順送りに上の層に上がってきて、やがて角質層にたどり着き、最後には剥がれ落ちます。これを定期的に繰り返すことで、表皮は順次新しく入れ替わっています。これを、新陳代謝、ターンオーバーといいます。

一周期は、若く健康な皮膚の人で28日間ですが、年齢を重ねるにつれ長くなります。

同時進行で表情筋も衰えてくる


表皮の下には真皮があり、新陳代謝をコントロールしています。厚みは約2ミリ前後。コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸から構成されています。コラーゲンはひも状のタンパク質で、肌のハリはこのコラーゲンの働きによるものです。

エラスチンはコラーゲンを束ねている繊維で、肌に弾力を持たせる役割を担っています。ヒアルロン酸はゼリー状の成分で、肌の水分をキープするところです。

これら三つの成分は、年齢を重ねるにつれ減ってきます。同時進行で表情筋も衰えてくるので、何の対策も取っていなければ加齢と共に肌からハリや弾力、瑞々しさがなくなっていくことは、ある意味必至の事態なわけです。また、表皮も真皮も、紫外線によるダメージを受けています。

黙っていても目立つ


表皮上にできるしわ中でも、ちりめんじわと呼ばれる浅く細かいしわは、主に乾燥によるものなので、水分をたっぷり補給した後クリームで蓋をし、補った水分が逃げないようにケアすれは回復します。

笑いじわなど表情じわと呼ばれているしわは習慣化するのでもう少しやっかいですが、問題はやはり、黙っていても目立つような深いほうれい線など、真皮にくっきり刻み込まれたしわでしょう。真皮の組織を乱してしまっているので、回復はそう簡単ではありません。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。